地域と地域の架け橋に。
『しまなみ海道』『やまなみ街道』の起点として、瀬戸内の十字路に位置する広島県尾道市。温暖な気候、素晴らしい眺望の下、多くの文豪を育み、クリエイターを魅了した文化の町、開港850年の歴史をもつ町です。そんな尾道は、現在も多様な人材、産業、文化にあふれ、訪れる人を惹きつけてやみません。
わたしたち『合同会社つなぐ和』は、これまで東京・大阪で培ってきたネットワーク、経験を活かし、尾道と地域の架け橋となります。尾道のヒト・モノ・コトをつなぎ、尾道の魅力を発信。瀬戸内を拠点とした生活のサポート、ビジネスの拡大を支援します。
人と人、心と心をつないで、尾道、瀬戸内、日本の発展に寄与し、人々が笑って過ごせる社会を創出していきたいと考えています。
基本理念
人と人、心と心、地域と地域をつなぎ、
新たな価値を創造することで、
社会に貢献し、世界平和を目指します。
行動指針
天・地・人
(天の声を聞き 地の利を活かし 人の和をもって行動する)
事業内容
代表メッセージ

高校を卒業して、ふるさと尾道を離れたとき、再びこの地を拠点にするとは思っていませんでした。『尾道観光大志』として活動し、尾道との関わりを深めるうち、「尾道への愛」は募るばかりでした。開港850年を超えた町の魅力は、年齢を重ねて初めて見えるものだったのかもしれません。

現在、人々が抱く「尾道のブランドイメージ」はとても良いものです。しかしながら、尾道がどこにあって、どんな町か知る人は多くはありません。私は、尾道の良さを多くの人に知ってもらいたい。
尾道と、人・地域とを “つなげて” いきたいと考えています。

コロナ禍において、都市圏一極集中から地方の時代へ、そしてデジタル化の加速が言われています。時代が変わろうとしている今、尾道には無限の可能性があります。しまなみ海道、やまなみ街道の起点として、瀬戸内の十字路に位置。農業、漁業、そして観光、「経済は尾道(政治は広島)」と言われた商人の町、文豪を育み、クリエイターを魅了した文化の町。850年の歴史をもつ町、それが尾道です。

『つなぐ和』は、人と人、心と心、地域と地域をつなぎたいという思いから名付けました。日本を意味する「和」、平和の「和」、そして「和をもって貴しとなす」の「和」、「人の和」です。いまも、多くの尾道人が、尾道ブランドを守り続けてくれています。私も、尾道人として共に汗を流したい。尾道、日本、世界のために貢献していきたいと考えています。どうぞよろしくお願いいたします。

2021年1月4日

ロゴに込めた想い
人と人、心と心、地域と地域をつなぐことを「T」をふたつ重ね、橋に見立てて制作しました。“かけ橋”という繋がりを表現しつつ、尾道から瀬戸内を渡る『しまなみ海道』、尾道と日本海を結ぶ『やまなみ街道』を連想させています。また、後ろに見える三角は尾道三山(千光寺山、西國寺山、浄土寺山)と、瀬戸内に浮かぶ多島美を合わせて表現しています。どことなく、笑顔に見えるロゴは、人々が笑って過ごせるようにという想いを込めています。
プロフィール